脱毛器痛いのが苦手|痛くない!効果ある家庭用脱毛器ベスト3!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

家庭用脱毛器を買いたいけど痛みが心配な方へ!家庭用脱毛器も種類が多くありどれを選んだらいいのか決められないですよね!そんな方へこちらのページでは痛みを最小にする脱毛器の選び方とおすすめの脱毛器を紹介致します。

痛くない脱毛器の選び方!

痛みが少ないフラッシュ式

フォト1

家庭用脱毛器には、脱毛方式が3種類ありレーザー方式・フラッシュ方式・サーミコン方式となります。この中でも、痛みが一番小さいのがフラッシュ方式です!このフラッシュ式は、光がメラニン色素に反応し毛根や毛などにダメージを与えて脱毛する方式で、脱毛サロンでも多く採用されてる方式です。レーザー方式も基本的には同じ原理ですが、出力がフラッシュ式よりも強めなのが特徴です。

広い範囲に照射する方が痛みが少なく短い!

フォト2

フラッシュ式は広い面積を照射するのに向いてるので脱毛器を選ぶときも緋色い面積を照射できるものを選ぶようにしましょう!余裕があれば!照射面積が小さいカートリッジなどもプラスで購入できると気になる細かい部分の脱毛も出来るようになります!

家庭用脱毛器で痛くないおすすめ!

ケノン

痛みの小さい脱毛器で人気!雑誌などメディアでもランキンングのトップで紹介されてるおすすめの脱毛器です。家庭用脱毛器のなかでも照射範囲が約9平方センチメートルは最大級です。出力も調整できるようになっており、約10段階で調整出来ます。痛みに弱い方はレベル1より可能です!

⇒ケノン

エピナード

脱毛器で業務用メーカーで有名なエピナード。家庭用脱毛器で開発した商品です、照射面積は7平方センチメートルとケノンよりやや劣ります、出力調整は10段階でケノンと同様です。エピナードの特徴は、照射時にクーリング機能がついており冷やしながら光を照射することが出来ます。

⇒エピナード

センスエピX

センスエピは、照射出力の調整が5段階ですが、初めの50ショットはレベル1固定になっており、痛みに敏感なかたにありがたい設計になってます。特徴としては、自動の肌色センサーが搭載されておりセンサーが肌色の濃淡を判別して、使用の範囲以外の時には照射されないように自動でストップがかかるようになってます。

⇒センスエピX

 

 

脱毛器の使い方で痛みを調節!

照射の時にレベルを調整する

フォト6

脱毛器の照射レベルを調整して最初はレベル1からはじめましょう。効果をあげるためにレベルを上げても肌との相性がありますからトラブルのもとになります。毛が太くで量が多いほど強く感じるので、弱いレベルで回数を重ねるようにしましょう。また、回数も毛周期を考慮した回数にしましょう。

照射の時にしっかりと冷やすこと

フォト7

脱毛前に冷却するのはあってるのですが間違ってる方がいて、1ショットに1回冷やす方がいてますが具体的にそれでは忙しい毎日で脱毛できないですね。脱毛器でも連射モードなどありますが対応が不可能です。ここは個人の判断で、火傷などしない程度でされることがいいと思います。

日ごろから注意しましょう

フォト8

家庭用脱毛器の脱毛方式はフラッシュですからつい日焼けをしてしまったりすると気が付かないで照射すると軽いやけどなどになりますので外出するときには、紫外線対策を行うようにしましょう。

照射後の対策をする

フォト9

脱毛サロンでもそうですが、施術後は部位が熱を持ってるので2-3日はお風呂はダメでシャワーだけにするとか、海などの海水浴はさけるように指導が入ります。これと同じように、お手入れをされた後は部位を労わるようにしましょう。照射した部位は、肌の下で熱を持った状態ですので、体温を上げたりしたら肌トラブルのもとになりますので、注意しましょうね。

どうしても痛みがダメな方へ

どうしても脱毛器の痛みがダメな方は、発想を変えて、脱毛器と同じ金額で脱毛サロンに通う!

痛くない脱毛器のまとめ

フォト10

ポイントをまとめると以下の通りです

まとめ
脱毛方式はフラッシュを選ぶ照射できる範囲が広いものを選ぶ適正な照射レベルを選ぶ部位をしっかり冷やす日焼けに注意!
痛みが少ない脱毛器は上記のポイントに気を付けて選ぶようにしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。